スタッフコラム|町田市鶴川・川崎市麻生区の産婦人科|鶴川台ウィメンズクリニック|駐車場完備

  • 〒195-0061 東京都町田市鶴川2-14-11
  • Tel. 042-737-1103
MENU

スタッフコラム

Staff Column

脂質と女性ホルモンの深い関係・コレステロール編

Pocket

「ああ寒い。お腹のアブラが固まりそう〜。さすって溶かさなきゃ。」などど、スタッフが自虐めいたことを言ってます。さすって溶けて出て行ってくれれば苦労はありませんが。

多少の更年期太りは元気な証拠などと油断は禁物、血液検査をしてみるとビックリの脂質異常症なんてことがけっこうあるのです。

この中年女性と切っても切れない(切り取りたい?)脂肪について、ちょっと真面目にじっくり2回にわたって考えたいと思います。
1回目は「コレステロール」です。

コレステロールのおさらい

コレステロールの役割

コレステロール分子そのものは、人間の体になくてはならない重要な有機化合物です。体の細胞膜を作ったり、胆汁の成分になって消化を助けたり、あるいはホルモンの材料になったりします。最近は神経伝達に重要な役割を演じているらしいことも分かっています。

コレステロールの種類

血液検査の結果表に記載されている、HDLコレステロールとLDLコレステロールとは血液の中を移動するときの姿につけられた呼び名です。
脂ですから水には溶けないのでリポタンパク質を乗り物にして移動しています。その乗り物の行き先(コレステロールの配達先)の違いでHDLとLDLに分けられます。含まれているコレステロール自体は同じものです。

・LDLコレステロール(悪玉):肝臓から全身の組織にコレステロールを届ける
・HDLコレステロール(善玉):余分なコレステロールを回収し肝臓に届ける

いわゆる善玉・悪玉について

ではなぜLDLコレステロールは悪玉といわれているのでしょうか?
上のイラストではちょっとイジワルな顔にしましたが、LDLコレステロール自身に悪気は全くありません。せっせとコレステロールを全身に配達しています。運悪く血管の壁にひっかかり酸化して初めて悪玉としての本性を現します。もろくなった血管壁に入り込んで血液の通り道を狭め、最悪の場合血液の流れを止めてしまうと言われています。

一方、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収してくれる掃除やなので「善玉」と呼ばれています。

脂質異常症は自覚のない更年期症状

血液検査でわかること

血液検査で調べるのは主に下記の3項目です。基準値をはずれると脂質異常症と診断されます。

項目 基準値 異常の目安
HDLコレステロール 40~70mg/dl 40mg/dl未満
LDLコレステロール 70~139mg/dl 140mg/dl以上
中性脂肪 50~149mg/dl 150mg/dl以上

更年期の女性は悪玉コレステロールがいっぱい?

脂質異常症のうち、更年期の女性に多いのが「高LDLコレステロール血症」です。いわゆる悪玉コレステロールが増えてしまった状態ですね。
同時に肥満気味の方には「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」も多いのですがこれは次回詳しく説明します。

実はこの悪玉コレステロールの値と、女性ホルモン「エストロゲン」の値には深い関係があることがわかってきました。 このことはLDLコレステロールの値を男女で比べてみるだけでもわかります。(下図参照)

もし男女で有為な差がなければ女性特有の要因はないと考えられますが、結果はどっこい、こんなに違うのです。
30代では男性を遥か下回っていたのに、40代で追いつき、50代で一気にスパートしグンと引き離します。それから後はもう男性の追随を許しません(って全然うれしくないですね)。

このように、女性のLDLコレステロール急上昇時期はエストロゲンの急降下時期(更年期)と見事に一致しているのです。

エストロゲンのおかげ…でした

エストロゲンはLDLコレステロールが過不足なく円滑に働くためのサポーターだったのです。このサポートのおかげで、若い女性は男性よりも脂質異常を発症することが少なかったのです。

エストロゲンの助けがなくなると、肝臓はLDLコレステロールをどんどん作って血液に送り出し始めます。そのくせ、戻ってくるLDLコレステロールを受け入れる方の間口は狭くしてしまうらしいのです。当然、出て行ったものの行き場のないLDLコレステロールが血液中に増えてくるわけです。

女性の場合、閉経したら最後、LDLコレステロールは勝手に上昇すると思った方がよいのです。血液検査の際にはぜひ女性ホルモンもチェックし、更年期が始まっているようなら食生活や生活習慣を見直して脂質異常症にならないよう備えましょう。

高LDLコレステロール血症の弊害

やっぱり怖い動脈硬化

脂質異常症は、それだけでは特に自覚症状が現れることはありません。
体重もさほど変化がなければコレステロールのことなんかいちいち気にしてられないと思うのが人情です。しかし、年を取れば血管は確実に老化していきます。LDLコレステロールが必要以上に増えてしまえば、気がつかないうちに動脈硬化が進行し、脳や心臓の恐ろしい疾患につながることだってあるのです。

もちろん動脈硬化の原因はコレステロールだけではありません。肥満や喫煙、高血圧、高血糖など、さまざまな危険因子が重なって起こりますが、だからこそ、判明した危険因子から排除していくべきでしょう。

頚動脈エコーのススメ

動脈硬化が心配な場合、血液から推し量るなんて迂遠な方法でなはく、動脈そのものを調べる方法はないのでしょうか?もちろんあります。当院でも行っている「頚動脈エコー検査」です。

頚動脈は、良くドラマの刑事が死亡確認のシーンで触ってる耳のちょっと後ろにある太い血管のことです。さわるとドキドキしているのが分かるほど浅い所にあるのでエコーで検査が容易ですし、動脈硬化が起こりやすいこともあって、指標としてはもってこいなのです。

検査自体は首にゼリーを塗ってプローブという検査装置でなでるだけなので、ものの10分もあれば終わります。血液検査の数値が芳しくなかったら、一度頚動脈エコー検査を受けてみることをおすすめします。

まとめ

研究が日進月歩なこともありますが、脂質異常症に関するガイドラインは結構変わります。最初は完全悪だったコレステロールも善玉と悪玉に分けられるようになり、最近は超悪玉なんてのも出現しました。それとは対照的に、コレステロールに悪玉はない、といったような話も聞かれます。異常値を指摘され憂鬱になっているときに、あんなのウソだよと言われればなんとなく信じたくなってしまいますが、多くのお医者様が研究を積み重ねた結果の基準値には根拠が有ると信じましょう。

体に備わっているものは全部大事なものなのです。多すぎても少なすぎてもいけません。バランスが大切だということです。本当の悪玉は、よくないことと知りつつ、いろいろな誘惑に負けて自分の体を大切にしない私たち自身ということです。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ