婦人科外来|町田市鶴川・川崎市麻生区の産婦人科|鶴川台ウィメンズクリニック|婦人科は女性医師在籍

  • 〒195-0061 東京都町田市鶴川2-14-11
  • Tel. 042-737-1103
MENU

婦人科

Gynecology

Gynecologic outpatient

婦人科外来

子宮や卵巣の病気

子宮の構造とさまざまな病気

子宮や卵巣には腫瘍ができることがあります。良性腫瘍の代表的なものには「子宮筋腫」「子宮内膜症」「卵巣嚢腫」があり、これらは直接生命にかかわるような病気ではありませんが、悪性腫瘍(がん)と見分けにくいものや、将来がん化する可能性のあるものも存在するので治療やフォローが必要になります。
その他にも頸管や内膜にポリープができたり、まれには子宮の形そのものに問題がある場合(双角子宮など)もあります。

女性は生理があることから、出血や腹痛に慣れてしまいがちですが、いつもとは違う違和感を感じたり、徐々に症状が重くなっているような場合は、なるべく早く受診することをおすすめします。

こんな症状はありませんか?

  • 生理不順、生理が来ない(無月経)
  • 生理痛がひどい
  • 経血の量が多くて貧血気味である
  • お腹が張ったように重くて痛い
  • 生理以外の時に不正出血がある
  • 性交渉のあとに出血する

診断と治療

内診とエコー(超音波)で子宮や卵巣の状態を確認し、細胞を採取して検査します。良性腫瘍の場合は症状や経過を見ながら治療方針を決定します。悪性腫瘍(がん)が疑われる場合は迅速に専門の連携病院をご紹介します。

生理のトラブル

子宮や卵巣自体に異常が認められなくても、動けなくなってしまうほど生理痛がひどかったり、生理の前にいろいろな心と体の不調に悩まされたりすれば日常生活に支障を来してしまいます。前者を「月経困難症」後者を「PMS(月経前症候群)」といい、どちらも治療・改善することができます。健康保険も適用されますので、お気軽にご相談ください。

PMS:生理前1週間前後にこんな症状はありませんか?

  • 手や足がむくむ
  • 肌の調子が悪くなりニキビができたりする
  • 便秘になる
  • 体がだるく、めまい、片頭痛、腰痛、肩こりなどがある
  • 気分が落ち込んでやる気が起こらない
  • 感情のコントロールが効かず周囲に当たり散らす

診断と治療

程度や症状に応じて、低用量ピルや漢方などのお薬を処方し、日常生活における改善のためのアドバイスをいたします。アロマテラピーなども効果がありますのでお試しください。

子宮下垂・子宮脱

幾度もの分娩や、加齢によって骨盤の筋肉や靭帯が緩み子宮が下がってきたり(子宮下垂)膣口から出てきてしまう(子宮脱)病気です。子宮だけでなく膣、膀胱、直腸なども下がってくるため、不快感だけでなく排尿困難、尿もれなど日常生活にも支障を来してしまいます。
閉経後(50代以降)の2割以上が多かれ少なかれ症状に悩まされているとも言われています。外からはわかりにくい症状であることと、受診することへの抵抗感から、かなり症状が重くなってから見える方が多いのですが、すこしでも気になる症状があれば早めに受診することをおすすめします。

チェックしてみましょう

  • 膣のあたりに何かが下がってくる感じがある
  • 尿もれ・頻尿・排尿困難などがある
  • 何度も分娩を経験している
  • すでに閉経している
  • 力仕事をすることが多い

診断と治療

症状が軽い場合は「骨盤底筋体操」を行うことで、回復することがあります。体操だけでは改善せず、不快な症状が強い場合は、ペッサリー(リング状の器具)を腟内に入れて子宮が出てくるのをおさえます。ペッサリーも有効でないときは手術という選択肢もあります。症状に応じて納得出来る治療法を選択しましょう。